FuelPHPのホームをWelcomeページから任意に変更する

  • 公開日:2015/1/22
  • 最終更新日:2015/7/13
この記事は最終更新日から3年以上が経過しています。

FuelPHPをインストールは以下をご覧ください。
Mac OS XにFuelPHPをインストールする

上記の手順に従ってインストールして、アクセスするとWelcomeページが表示されます。この最初に表示されるページを別の任意のページにルーティングします。

ルート設定は、fuel/app/config/routes.phpで行います。
fuelPHPには2つの予約済みルートがあります。_root_と_404_です。

  • ・_root_:URIが指定されていないときのデフォルトルート。つまりホームです。
  • ・_404_:コントローラまたはアクションが見つからないときのルート。
return array(
    '_root_' => 'welcome/index',
    '_404_' => 'welcome/404',
);

これにより、controllerのwelcome.phpにあるaction_indexが呼び出されてWelcomeページが表示されています。
任意のページに変更するにはここを変えればOKです。