IT女子のお気に入りフォルダ

管理人の備忘録と実践を兼ねた(出来るだけ)役に立つ情報を配信するブログです。

Amazonアソシエイトを簡単設置できるWordPressプラグイン:AmazonJS

Amazonアソシエイトで商品リンクをつくるとこんな感じ。

んー、ちょっと小さい?
それにブログ書いてる途中でAmazonアソシエイトにログインして商品リンクのHTMLを取得して・・・が割とめんどくさかったりします。
そこで、WordPressで簡単にAmazonアソシエイトが使えるプラグインが見つかったのでご紹介。

AmazonJS

プラグインをインストール

管理画面のプラグインから新規追加で「AmazonJS」と検索したら出てくるのでインストールします。

設定

キャッシュディレクトリをつくる

プラグインを有効にして、「設定」>「AmazonJS」に進みます。

AmazonJS03

キャッシュディレクトリが存在しないという警告が出ていたら、指示通りにディレクトを作成します。
ディレクトリを作っても書き込み権限がないと警告が出たらパーミッションを「777」に変えてみてください。

AmazonJS04

Product Advertising APIの設定

このプラグインを使用するにはProduct Advertising APIの設定が必要になります。
Product Advertising APIの利用申し込みはAmazon.comでアカウント作成が必要です。
つまり、Amazonアソシエイトとは別のアカウントが必要なのです。
設定画面の「ここ」をクリックします。

AmazonJS06

画面右の「アカウント作成」ボタンを押します。

AmazonJS07

登録するメールアドレスを入力して、「I am a new customer」を選択しボタンを押します。

AmazonJS08

名前、メールアドレス、パスワードを入力してボタンを押します。

AmazonJS09

アカウント情報を入力していきます。
住所は英語表記になりますが、例表記があるのでそれに従います。「Website or Application Description」は「AmazonJS」と書けばOKなようです。英語が書ける人はもうちょっと詳しく書いてもいいかもです。
ライセンス契約の同意にチェックを忘れないようにして、ボタンを押します。

AmazonJS10

アカウント作成ができたので、管理画面にすすみます。

AmazonJS11

日本語の画面になって、ちょっと安心したら「こちらのリンク」をクリックします。

AmazonJS12

ログイン画面に切り替わるので、さっき作ったアカウントで颯爽とログインします。

AmazonJS13

脇目も触れずにアクセスキーIDとシークレットキーを取得するためにすすんで行きます。

AmazonJS14
AmazonJS15

「Create New Access Key」ボタンを押して新たにアクセスキーIDを取得するとシークレットキーも取得できます。念のためファイル保存しておくとやり直すときに便利です。

AmazonJS16

アクセスキーIDとシークレットキーを取得できたら、AmazonJSプラグインの設定画面に登録します。

AmazonJS16_2

アソシエイトタグの設定

アソシエイトタグを設定します。アソシエイトタグはAmazonアソシエイトにログインして左上に出てる「◯◯◯◯-22」ってやつです。それを「Amazon.co.jp」欄に入力します。日本のAmazonアソシエイトじゃない場合は、ご自身のアカウントに合ったところに入力してください。

AmazonJS17
AmazonJS18

実際に投稿してみる

設定が完了してので、記事を投稿してみましょう!ということで記事投稿の画面にいきます。するとAmazonボタンができてるはずです。

AmazonJS19

商品を検索して、選択ボタンを押します。

AmazonJS21

見た目の調整がいろいろ出来そうだーと今後のカスタマイズを検討しつつ、挿入ボタンを押すと・・・

AmazonJS22

イエイ!(ちなみにこのピコファルコン買っちゃった。てへ。)

エラーが出たら・・・

言語が合ってないとエラーが出るのでご注意を!

AmazonJS20

言語違いじゃないエラーの場合は、アクセスキーIDやシークレットキーをコピペしたときに余分な空白が入ってしまったりなどのうっかりミスがあるようなので、落ち着いてやり直してみてくださいな。