IT女子のお気に入りフォルダ

管理人の備忘録と実践を兼ねた(出来るだけ)役に立つ情報を配信するブログです。

MacにiPhoneを接続したときにiPhotoを起動させなくする方法

iPhoneをMacにつないだとき、iPhotoが勝手に起動してきてしまい、使わないからそれを終了させるという手間にイライラしたことはありませんか?


iPhoneつないだら写真も同期しようというバックアップも兼ねてるiPhotoの気遣いか知らないけれど(バックアップが大切なことは身を持って経験したことあるけど)、今じゃないでしょ。

というわけで、iPhoneをMacにつないでもiPhotoを起動しないようにする方法です。

  1. 「iPhoto」アプリケーションを起動します。
  2. 「iPhoto」の上のメニューから「環境設定」を開きます。
    maciphoneiphoto01
  3. 「カメラ接続時に開くアプリケーション」がiPhotoに設定されているので「割り当てアプリケーションなし」に変更します。
    maciphoneiphoto02

これでiPhotoを終了してOK。
次からiPhoneを接続してもiPhotoは勝手に起動してきません!

以前は、この設定はiPhotoではなく「イメージキャプチャ」というアプリの環境設定にあったようです。
でも今はiPhotoの環境設定から出来るようになっているのは、そんなのわかりにくい!という声が多かったのでしょうか?

とにかく、これからはイライラせずにすみそうです。