IT女子のお気に入りフォルダ

管理人の備忘録と実践を兼ねた(出来るだけ)役に立つ情報を配信するブログです。

【U-NEXTで観た】今さらだけど、玉川区役所OF THE DEADが面白い

出典:テレビ東京 (c) 玉川区役所OF THE DEAD

『玉川区役所OF THE DEAD』を紹介する前に『ウォーキング・デッド』をご存知でしょうか?

walking_dead
出典:AMC

2010年にアメリカでシーズン1が放送され、今ではシーズン6まで出てる人気ドラマです。
U-NEXTでシーズン3まで見放題になってます。友達に勧められ、私も観ました。ハマりました。
ゾンビが蔓延る世界になって間もないアメリカが舞台で保安官リックを中心にゾンビとの戦いを物語の主軸におきならが、生き残りをかけて食料や武器を奪い合う生存者同士の敵対や複雑に絡み合う人間関係・心理状態を、ハリウッド映画並みのスケールで壮絶かつ衝撃的な映像で描かれていて、緊張感の絶えないドラマです。

一方、『玉川区役所OF THE DEAD』は2014年10月からテレビ東京で放送されていたドラマです。『ウォーキング・デッド』と同じゾンビもので、似たような設定がありながらも、恐怖感は皆無。笑っちゃうくらいユルいヒューマンコメディドラマです。実際、笑います。

この緊張感の違いは、描かれている時代の違いです(たぶん)。

『ウォーキング・デッド』はゾンビが出てきて間もない世界です。だから、ゾンビの生体がわからず、作中では『ウォーカー』と呼び、どう戦えるのかもわからず、パニック状態です。

『玉川区役所OF THE DEAD』は一旦パニック状態になったときから時が経ち、実はゾンビが動きが遅くて力も弱くてそんなに脅威じゃないと気づいて落ち着きを取り戻した世界です。作中ではゾンビのことを『死なないご遺体』と呼び、化け物扱いではなく、あくまでもウィルス感染者という扱いです。
物語は、玉川区役所の特別福祉課の職員を中心にすすみます。特別福祉課は、特別保険対象者(通称『特保』:ゾンビウイルスを保有している住民または発症してゾンビ化した住民)の管理と捕獲です。ゾンビがいることが日常化しているので、予防接種があったり、定期検診があったり。興味深い設定です。

キャストも結構豪華。

tamagawa-2
出典:テレビ東京 (c) 玉川区役所OF THE DEAD

こうも緊張感の違う仕上がりになっているドラマですが、ひどくソンビを憎む人がいたり、ソンビ化した家族をかくまう人がいたり、ゾンビに感情移入したり・・・心理部分の描かれ方は似てるところがあるんです。不思議。

『玉川区役所OF THE DEAD』はとにかくユルいです。恐怖感も緊張感もなく、ほんとユルい。けど、回を重ねるごとに、死なないご遺体を介して考えさせられる内容もあって、展開もしっかりしていて、ユルさとは裏腹に意外と深い作品だと思います。
1話30分と見やすいので、ぜひ一度観ていただきたいです。U-NEXTで2016年3月31日まで配信されています。

ちなみに公式サイトもおもしろいです。どっかの自治体みたい。
あんまり見すぎるとネタバレあるので注意ですが。
ドラマ24「玉川区役所 OF THE DEAD」:テレビ東京

今回も「何だよこれ、面白そう(笑)」というシーンをひとつ

tamagawa-3
出典:テレビ東京 (c) 玉川区役所OF THE DEAD

正確には、ドラマのワンシーンではなくコラボCMなんですけど、作中でも飲んでます(笑)