IT女子のお気に入りフォルダ

管理人の備忘録と実践を兼ねた(出来るだけ)役に立つ情報を配信するブログです。

【海外ドラマ感想】グレイズ・アナトミーをU-NEXTで観た

シーズン10を超えているので、面白いのだろうと思って、なんとなく観始めたグレイズ・アナトミー。

医学書『グレイの解剖学』(Gray’s Anatomy)をもじったタイトルからもわかりますが、医療ドラマです。
と言いたいところですが、医療の現場ではあるけれど恋愛やヒューマンドラマとしての比重の方が高いドラマです。やっぱりご長寿になるだけのことはあるな!って感じで、テンポが早く、言葉の掛け合いも面白くて飽きのこないドラマです。
もうシーズン12までいってるらしい。シーズン12以降も続きそうだというニュースを先日見た気がします。U-NEXTではシーズン10まで観れます。

私が觀始めたときにはすでにシーズン10を超えていたので、話の続きが知りたくてついウィキってしまいました。ウィキってしまうと、まあまあなネタバレが飛び込んできます。だから、ネタバレを観たくない人はドラマを観る前にウィキってしまうことはおすすめできません。

(※ここからはややネタバレ含みます。)
5人のインターンを中心に始まるのですが、インターンだけでなく、レジデントやアテンディングの医師たち、外科部長や病院向かいにあるバーの店員、ストーリーに関わる重要患者などなどとにかく登場人物が多い。
それだけに入れ替わりも激しいのがこのドラマの特徴だと思います。大人の事情による主要人物の降板もあります。そのあたりの情報がウィキペディアには書いてあるのです。

私は先にウィキってしまったので、出演者の降板情報も踏まえて楽しんでいます。一番驚いたのはシーズン5の終わりですね。えっ?あの人の降板はこんな話にして病院を去ることにするのかっ!と、とにかく衝撃的でした。

シーズン5もそうなんですけど、このドラマはシーズン最終回が絶対続きをみたくなる終わり方をします。
印象的な最終回はシーズン1。最終回にこんな大物を出してくるの?と驚きの新登場があります。
あともっと印象的なのがシーズン6の最終回。もうこの回は始めから終わりまで全く目が離せない凄まじい回でした。

今、私はシーズン8を観ている最中です。このあとのストーリーもすごそうでワクワクします。

日本最大級の動画配信サービス U-NEXT