IT女子のお気に入りフォルダ

管理人の備忘録と実践を兼ねた(出来るだけ)役に立つ情報を配信するブログです。

[FuelPHP] リソースが存在しない場合でもAssetクラスでエラーを返さないようにする

FuelPHPに「Asset」というクラスが用意されています。
Assetクラスを使うと静的なリソースに簡単にアクセスできます。デフォルトでは、ドキュメントルート直下のassets/ディレクトリにあるリソースを読み込むことができます。

記述方法はこんな感じ

<?php echo Asset::img(title.jpg); ?>

これで、assets/title.jpgを表示することができます。
しかしながら、assets/title.jpgが存在しなかった場合、以下のようなエラーが出てしまいます。

画像が存在しないだけで、このエラー画面はちょっといただけません。
というわけで、このエラー画面が表示されないように次のファイルに設定します。

APPPATH/config/asset.php

return array(
	'fail_silently' => true,
);

これで、Assetクラスはエラーを返さなくなります。リソースが存在しない場合は、imgタグなどタグを表示しなくなります。