IT女子のお気に入りフォルダ

管理人の備忘録と実践を兼ねた(出来るだけ)役に立つ情報を配信するブログです。

[FuelPHP1.7.3]インストールの途中でTokenを聞かれて進めなくなったら

以前に紹介したFuelPHPのインストールの方法はこちら。
Mac OS XにFuelPHPをインストールする

久しぶりにfuelPHPで新たなWebアプリを開発しようとインストールしたら、途中でtokenを聞かれてすすめなくなりました。

Token (hidden): 

どうやら、ComposerがダウンロードのためにGitHub APIを使用していて、そのGitHub APIのレート制限に引っかかり、匿名でのアクセスができなくなってしまったようです。FuelPHPだからというわけでなく、GitHubの問題ですね。

匿名でのアクセスは現在は1時間に60回、IPアドレス単位で制限されていて、以下のリクエストでレート制限の状態を確認することができます。

$ curl -i https://api.github.com/users/whatever

ながながと結果が返ってきますが、注目すべきは以下の3行。

X-RateLimit-Limit: 60
X-RateLimit-Remaining: 59
X-RateLimit-Reset: 1444717606

この場合であれば、制限は60回で残り59回、次に制限がリセットされるのはタイムスタンプで「1444717606」のとき。
(タイムスタンプから日時を取得するにはタイムスタンプ変換 | Web便利かもしれないツールボックス

対処方法

GitHubの匿名でのアクセス制限なので、GitHubのアカウントでtokenを発行するか、制限解除を待つかです。
制限解除を待つのであれば、先ほどのレート宣言の状態を確認で日時をみて再チャレンジするだけですが、GitHubアカウントを持ってるならToken発行した方が早いと思います。

GitHubでTokenを発行する

  1. githubにログイン
  2. https://github.com/settings/tokensにアクセス
  3. [Personal settings]>[Personal access tokens]>[Generate new token]でトークンを作成

参考:tokenを聞かれFuelPHP 1.7.3がうまくインストールできない場合